« ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』デザートブッフェ 2011年6月 | トップページ | ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』デザートブッフェ 2011年7月 »

リビエラ青山 至福のランチ&スイーツビュッフェ

RIVIERA AOYAMA(リビエラ青山)でランチタイムに行われた1日限定デザートビュッフェへ行ってきました。
01
料金はデザートビュッフェのみの場合1,280円、ランチコース注文で+1,050円、2,940円以上のランチコース注文で+315円でした。私は1,575円のベジプレートランチにプラス料金でデザートビュッフェを付けました。(合計2,625円です。)

ブッフェ台はこんな感じでした。
02
03

コース選択後、店員さんから「前菜がわりにデザートをどうぞ。」と声がかかったので、お言葉に甘えてランチコースの前に一皿目をいただきました。
04
ヨーグルトのパンナコッタはさっぱりですがコクがありました。ブルーベリージャムが乗ったケーキはきめ細やかでしっとりとしていました。ジャムは主張しすぎず、バターの風味たっぷりでおいしかったです。ティラミスはチーズチーズしていて私好みでした。

ベジプレートランチ
05
苦味のある野菜が多めでしたが、温泉卵が苦味を和らげていました。添えられているチキンは胡椒がきいていてジューシーでした。ごぼうの冷製スープはミルク仕立てでしたがクドさは無く、後味が香ばしかったです。

ベジプレートランチを食べ終えた頃にアイスの実演が始まりました。
06
真っ白なアイスがむらなくピンク色に。
07
さっぱり味のヨーグルトアイスにベリー類が加わり、さらに爽快感のあるアイスに仕上がっていました。ベリーのつぶつぶした食感が楽しめました。

コーヒー&コースのデザート
08
こちらはコースのデザートなので食べ放題ではありません。
シュワッとしたミルクの泡が乗ったカプチーノ風のデザートでした。アイスクリームとコーヒーゼリーが混ぜられていたのが面白かったです。

デザート二皿目。
09
ガトーショコラはきめが詰まっていない軽めのもので食べやすかったです。シフォンケーキはオレンジピールたっぷりの弾力のあるものでした。パウンドケーキにもオレンジピールが入っていましたが、シフォンケーキより薄味でした。

実演のアイス パート2。
10
今度は液体窒素&ピーチとグレープフルーツのジュースを使ったシャーベットの実演がスタート。あたりにフルーティーな香りの白煙がもくもくと立ちこめていました。氷の塊が全く無く、とても滑らかで口溶けの良いシャーベットでした。こんな食感ははじめてだったので感動しました!実演は20~30分おきに行われていました。

デザート三皿目。
11
最初に食べたベリーのケーキの入れ替わりでチーズケーキが登場。ふんわりとどっしりの丁度中間くらいの硬さのベイクドチーズケーキでした。店員さんが「先ほどと同じベイクドチーズケーキです。」とおっしゃっていましたが、最初のものは明らかにチーズケーキでは無かったような…。

デザート四皿目。
12
パンナコッタの入れ替わりでグラスデザートが登場。最初に出ていたパンナコッタを液状にし、フルーツの角切りを沈めたようなデザートでした。ティラミスは入れ替わり後、チーズの割合が多くなりさらに好みの味になっていました。



デザートの種類数は多くはありませんが、ランチとのセットだったので少なすぎるという印象もありませんでした。滞在中、入れ替わりで違う品が登場していたのでラストオーダーまでに他のデザートも出たかもしれません。デザートの味は文句のつけどころがありませんでした。アイスの実演は舌だけでなく目でも楽しめ、これだけでも行ったかいがあったな、と思います。こんなに質の高いデザートを最安1,280円から食べ放題できるのはとても魅力的だと思います。補充はお皿が完全に空になってから行われていました。ブッフェにしてはゆっくり目の補充ですが時間制限がないので気になりませんでした。

どうかまた開催されますように。


スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ



« ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』デザートブッフェ 2011年6月 | トップページ | ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』デザートブッフェ 2011年7月 »