« コンラッド東京『セリーズ』朝食ブッフェ 2016年1月 | トップページ | コンラッド東京 エグゼクティブフロア宿泊記 パート〔1〕 2016年1月 »

コンラッド東京『トゥエンティエイト』 「チョコホリック」アフタヌーンティー 2016年1月

コンラッド東京の28階にある『トゥエンティエイト』のアフタヌーンティーへ行ってきました。
T01
Chocoholic アフタヌーンティー 2016年1月12日(火)~2月29日(月)
4,905円(税・サ込) → 一休.comからの予約で4,100円+お土産付

※ ブッフェではありません。


T02
席に案内されると、テーブルにコンラッドベアがちょこん。実はお茶よりもケーキよりもこの子が目当て。
T03
ベアは時期ごとに何色かあり、隣の席には他の色のベアがセッティングされていました。


フードのメニュー。
T04
内容は季節によって変わるそうで、現在は「チョコホリック」。


ドリンクのメニュー。
T05
紅茶は平日なら何種類でもおかわりできます。(休日はポットでの提供になり、茶葉の交換は追加料金がかかるようです。)


レッドフルーツ。
T06
スッキリ甘酸っぱいレッドフルーツ


アイリッシュ・ウィスキー・クリーム。
T07
アイリッシュ・ウィスキー・クリームはストレートでも甘みあり。ほんのりチョコの香りがします。


フードのプレート。
T08
写真は二人分です。予約の際、「誕生日」にチェックを入れていたので、バースデーのメッセージも付いていました。


T09
<Scone>
チョコレートチップとシナモンのスコーン、プレーンスコーン
クロテッドクリーム、アプリコットジャムとともに
<Savories>
白身魚のブランダード オレンジ風味
チキンと茸のチョコレートソース パイ包み
ブリーチーズとリンゴのほうれん草ブレッドサンドウィッチ
<Dessert>
ホワイトチョコレートムース ミックスベリージュレ
シトラスとチョコレートのタルトレット
フルーツスキュワー チョコレートディップ



別アングルから。
T10

T11


T12
直射日光下でしたが、それを見越してかデザートはよ~く冷えていました。
フルーツスキュワー チョコレートディップはスッキリしたお味。固さがあり、フルーツによく絡みます。
T13
チキンと茸のチョコレートソース パイ包みは甘さは全然なく、デミグラス的深み。


T14

T15
サックリなスコーンは、濃厚アプリコットジャム&クロテッドクリームとともに。普段はプレーン派ですが、シナモンの風味豊かなチョコのほうが気に入りました。
T16
ガトー ショコラノワゼットは底にナッツの層があり、サクサクというかシャキシャキ。チョコ尽くしの中でも、あっさりといただけます。
チョコレートカップケーキはほわほわもちもち、シフォンケーキのような口当たり。
T17
シトラスとチョコレートのタルトレットはカスタードとチョコクリームが入っていました。生地はサクッ、フルーツは冷え冷えで、フレッシュ感たっぷり。



重たいイメージのチョコですが、 どれもスッキリ、洗練されたお味でした。
ブッフェ好きの私なので、アフタヌーンティは割高に感じますが、たまにはイイですね。
次の記事から宿泊記に入ろうと思います。(時系列がめちゃくちゃですみません。)

『トゥエンティエイト』アフタヌーンティーの予約はこちらから↓
通常6201円→4100円!絶景を望む開放的な空間での、お土産付アフタヌーンティー

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ



« コンラッド東京『セリーズ』朝食ブッフェ 2016年1月 | トップページ | コンラッド東京 エグゼクティブフロア宿泊記 パート〔1〕 2016年1月 »