« ザ・リッツ・カールトン東京 クラブレベル宿泊記 パート〔4〕 2016年5月 | トップページ | ヒルトン東京『マーブルラウンジ』デザートブッフェ ~アリスからの招待状デザートフェア~ 2016年5月 »

ニューオータニ東京『SATSUKI』朝食ブッフェ~新・最強の朝食~ 2016年5月

ホテルニューオータニ東京のロビー階にあるコーヒーショップ『SATSUKI(サツキ)』の朝食ブッフェに行ってきました。4月末に”新・最強の朝食”としてリニューアルしたそうで、4年ぶりの再訪。
01
朝食ブッフェ
~新・最強の朝食~
 
5,940円(税・サ込) → 一休.comからの予約でスパークリングワイン飲み放題(平日)

ブッフェ台の写真。


ジュース各種。
02

牛乳、豆乳、ミネラルウォーターなど。
03

玄米黒酢ドリンク、柚子糀ドリンク。
04

サラダバー。
05

ペストリーコーナー。写ってないですが、胚芽パンやミニバケットもありました。
06

『パティスリーSATSUKI』のパン。
07

08

09

たくさんあるパンのうち3種類は『ピエール・エルメ・パリ』のもの。
10

01

11

12

オリジナルスモークフィッシュ、コールドミート。
13

チーズ。
14

温菜コーナー。定番の洋食メニューの他、中華もいくつかあり。
15

点心4種類。
16

蒸し野菜。
17

イベリコ豚の骨付きハム。
18

スモークビーフ。
19

ボイルドエッグ、エッグスラット。
20

エッグステーションもあり、卵料理のカスタムオーダーも可能。
21

22

温野菜、ポテト。野菜スープもありました。
23

パンケーキ、フレンチトースト。
24

和食コーナー。白米、八穀米、お粥、味噌汁があります。
25

梅干し3種類。
26

漬物3種類。
27

自家製豆腐。
28

海苔、ふりかけなど。
29

実演の うどんコーナー。
30

八丈島ジャージー乳ジェラート、ピタヤシャーベット。
31

『ピエール・エルメ・パリ』のヨーグルト サティーヌ。
32

自家製パンプディング。
33

ヨーグルト、カットフルーツ色々。
34

シリアル、トッピング各種。
35



カフェラテ。
36


37


健康ドリンクいろいろ。
38
柚子糀ドリンク、玄米黒酢&梅ドリンク、玄米黒酢&アサイードリンク。
中では、とろっと甘い柚子糀ドリンクが気に入りました。
ミネラルウォーターや牛乳も種類豊富で、ジャージー牛乳、アーモンドミルクなど珍しい品もあります。(後で写真を見て気付きました。飲みたかった!)


冷菜。
39
うえのはらハーブガーデンサラダ、オリジナルスモークフィッシュ。
オリジナルスモークフィッシュは燻製の風味が豊かでした。


ペストリー パート①。
40
ブリオッシュ オ プラリーヌ、パン オ レザン エ カネル、クロワッサン サティーヌ。
リニューアル後の目玉と言える、『ピエール・エルメ・パリ』のパン3品。クロワッサンは今まで通りニューオータニ禅 限定のようですが、3種類もオリジナル品を味わえるのは贅沢ですね。
41
オレンジ風味のパン オ レザン エ カネル。糖衣が甘々。
42
アーモンドプラリネを練り込んだブリオッシュ オ プラリーヌ
43
クロワッサン サティーヌ。トップの黄色い粒は、きゅんッと酸っぱいパッションフルーツ。
44
中身はチーズクリームとオレンジコンポート。アイシングたっぷりですが甘さはあまり感じず、フルーツの爽やかさが詰まっています。3種の中ではイチオシ。


ペストリー パート②。
45
プティ クラシック クイニィアマン、玄米クロワッサンドッグ、プティ スーパークロワッサン、スイートブリオッシュ。
玄米クロワッサンドッグ(右奥)を除く3品は『パティスリーSATSUKI』の新作パン。
イチオシはスイートブリオッシュ(右手前)。サバラン一歩手前の保湿力で、モワァァァンと香るラム酒…!見た目的に期待できず、個別写真を撮らずに食べてしまったのが申し訳ないです。
46
プティ スーパークロワッサンはバターよりも全粒粉の香ばしさが主張。あっさりしています。
47
プティ クラシック クイニィアマンはキャラメリゼがザクザク。生地はバターがたっぷりで、小粒でも濃厚ハイカロリー。


ペストリー パート③。
48
シリアル黒豆マフィン、バナナマフィン、アーモンドパルミエ、アップルダニッシュ。
アーモンドパルミエはバターの少ない”なんちゃってデニッシュ”、シリアル黒豆マフィンはパサパサで残念。こちらのブッフェ、推しメニューとそうでないメニューに差があるような…。
甘さ控えめのバナナマフィンは美味しかったです。


洋食メニューいろいろ。
49
スモークビーフ、パレタコシーダイベリカセミデボーン(骨付きハム)、エッグスラット、温野菜など。
カッティングサービスの肉類は、リニューアル前よりも格段に質が上がりました!
50
骨付きハムはクセがなく、ツルンとみずみずしい肉質。
51
スモークビーフはローストビーフのような柔らかさ、且つ、スモーク肉らしい締まり。同ホテル内の『トップ.(現タワー・ビュッフェ)』のローストビーフよりも好きでした。
52
エッグスラットは滑らかな半熟卵&マッシュポテト以上に、ガリッガリの揚げパンが美味。


シリアルオムレツ。
53
エッグステーションでオーダーしたシリアルオムレツ。玄米を食べて育った鶏の卵だそうで、全卵ながらオフホワイトです。
54
味的にもホワイトオムレツに近いかも?具として玄米、キヌア、セロリ、赤オニオンを入れているそうで、卵よりもそれらの味が強かったです。
ちなみに、付け合せのソーセージはカッティングの肉とは対照的にチープなお味。


中華。
55
上海焼売、海老饅頭、焼きそば、イカと小葱の中華風。
こちらの中華はあまり印象が良くなかったのですが、海老饅頭は新鮮なニラの香りがしてなかなかGOODでした。


和食。
56
釜玉うどん、サーモンの赤酢南蛮漬け、煮浸し、タスマニアサーモンの塩麹焼き、羅漢漬け梅干、漬物各種、きんぴら、八穀米、味噌汁。
納豆はホテルオリジナル品のようでしたが、今回は頂かず。
八穀米はプチプチぽろぽろ、固めの歯ごたえ。この手のご飯が好きなので、たまりません。
おかずや味噌汁は総じて味付けが濃い目でしょうか。
57
釜玉うどんは塩っぱすぎ。3倍濃縮の薄め忘れのような…。(前回も同じような印象でしたが、まさかこれが正解なのでしょうか…。)
58
羅漢漬け梅干はフルーティーな 良い梅干し。釜玉うどんより塩っぱくないです。


デザートいろいろ。
59
自家製パンプディング、ヨーグルト サティーヌ、八丈島ジャージー乳ジェラート、ピタヤシャーベット、カットフルーツ。
ヨーグルト サティーヌは『ピエール・エルメ・パリ』のオリジナルヨーグルトです。
60
コクのあるヨーグルトの下に、ビリビリ刺激的なパッションフルーツピューレ。
61
メリハリが効いていて、まるでグラスデザート。瓶入りレアチーズという印象です。
62
ジェラートはどちらもシャリッとさっぱり。
紫のほうはピタヤシャーベット、要はドラゴンフルーツ。
八丈島ジャージー乳ジェラートはなぜか個体差があり、色の濃淡に合わせて味も濃淡あり。(いくつもお替わりした上でのデータです。笑)


ヨーグルト、トッピングいろいろ。
63
カスピ海ヨーグルトにナッツやチアシードをトッピングしました。


フレンチトースト、玄米サラダなど。
64
玄米サラダはニューオータニ内どこのブッフェでも食べてしまいます。好きです。
65
フレンチトーストにはクランチバターとダークチョコレート(カカオニブ)を乗せて。


ペストリー パート④。
66
クロワッサン サティーヌ、プティ クラシック クイニィアマン、スイートブリオッシュ。
今回のベスト3。
67
ラム酒が利いたスイートブリオッシュ八丈島ジャージー乳ジェラート、キャラメルソースが合う!


デザート。
68
ヨーグルト サティーヌ、八丈島ジャージー乳ジェラート。
苺はシロップ漬けです。朝食ブッフェにジェラートは魅力的ですね~。
69
八丈島ジャージー乳ジェラートに揚げパン、メープルシロップが合う合う!!!



以上。ピエール・エルメのパン、ヨーグルト、骨付きハムなど、公式ホームページでPRされているメニューは確かに非常に美味しかったです。それ以外のメニューは可もなく不可もなく。”180種類のメニュー”を売りにしているようですが、私の好みとしては”推しメニュー”だけに絞ったほうが良かったです。
とはいえ、ニューオータニ禅に宿泊しなくてもピエール・エルメやパティスリーSATSUKIのパンが食べられるようになったのは嬉しいですね。値段の価値があるかどうかは選ぶメニューによって変わりそうですが、私はリニューアル後のほうがずっと気に入りました。

『SATSUKI』新・最強の朝食の予約はこちらから↓
【平日限定】9,504円→5,940円!180種究極の朝食ビュッフェ&スパークリングワイン飲み放題!

【ニューオータニ東京】朝食付宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

« ザ・リッツ・カールトン東京 クラブレベル宿泊記 パート〔4〕 2016年5月 | トップページ | ヒルトン東京『マーブルラウンジ』デザートブッフェ ~アリスからの招待状デザートフェア~ 2016年5月 »