« グランドハイアット東京『フレンチキッチン』朝食ブッフェ 2016年6月 | トップページ | 東京ステーションホテル 宿泊記 パート〔1〕 客室・ホテル館内編 2016年6月 »

アマン東京『ザ・ラウンジ byアマン』ブラックアフタヌーンティー 2016年6月

アマン東京の33階にある『ザ・ラウンジ by アマン』のブラックアフタヌーンティーへ行ってきました。当初は予約3ヶ月待ちと言われていましたが、現在はブームも落ち着き、一休.comから前日予約も可能です。
01
ブラックアフタヌーンティー
5,198円(税・サ込)

※ ブッフェではありません。


02

03


04
”ブラックアフタヌーンティー”と謳う通り、食器もカトラリーも黒。

最近、ドリンクオーダーのシステムが変わり、茶葉は1人1種類で交換は不可、同じ種類ならお代わりもOKとのこと。紅茶をメインに考えている方には物足りないかもしれませんが、シェアすれば複数種楽しめるし、個人的にはそれはそれで良いかなという感じでした。


ドリンクメニュー。
05

06


07
オーダーから間もなく、ブラックなティーセット登場。
08

09
スモークド チャイナは本当に燻製の香り。スパイスとかのクセではなく、とにかく燻製です。今まで飲んだことのない味わいで、凄く気に入りました。


10
紅茶をしばらく楽しんでいると、フードが続々登場。
写真は二人分です。


11
色違いがオシャレなメロンとシャンパンゼリー チョコレートハット
12
並のカクテルよりもアルコール度数が高いお味で、私好み。
ハットはホワイトチョコレートでできています。


ティーセット 上段。
13
上段は”女性のファッション”をテーマにしたデザート集。やはり”ブラック”だけあって、チョコレートが多いです。
14
中でも一番美味しかったチョコレートは、ダイヤモンドの器に入ったケシの実を纏ったラズベリーのパートドフリュイの器部分。周りを見たらほとんどの方がハットと器を残していましたが、私は中に入っているカカオニブも一粒残らずいただきました。
15
ブラジル産カカオ62%チョコレートとライムキャラメルのハイヒール形ボンボンショコラ
16
つま先からキャラメルとろ~り。ライムの酸味が効いていました。
17
最も目を引くフレッシュブルーベリーを入れたチョコレートバッグ。装飾が色違いになっていて、芸が細かいです。
18
中には生ブルーベリーがぎっしり収納されています。


ティーセット 中段。
19
中段は季節のデザートセレクション。
20

21
チェリーとグリオットのフィナンシェ
22
パイナップルのダックワーズ。塩っぱいチーズクリームがとても好き。
23
無花果とマカロナード。黒ゴマが尾を引きます。
24
マダガスカル産バニラとカシスのタルト


ティーセット 下段。
25
下段はミニサイズながら完成度の高い軽食類。
エダマメの冷製スープとジュンサイ
ピュアホワイトコーンのキッシュ
十勝ポロシリ牛と新じゃが芋のコンフィ ラベンダーの香り
竹炭バンズを使った本日のプティサンドイッチ
26
竹炭バンズはしっとり。分厚~~いサーモンにギュッと噛みごたえがあり、美味しかったです。


スコーン。
27
プレーンと抹茶の2種スコーンクロテッドクリームと自家製ジャム2種
スコーンは正直言ってガッカリクオリティ。バターの風味のない、パサパサのカニパン系。フードも紅茶もゴージャス感に溢れているのに、スコーンだけ「どうして?」というくらい。
ただ、コンフィチュールは一流ホテルらしいお味です。
28

29

30
アプリコットジャムとイチゴジャムはペースト状の滑らかな舌触り。
31

32
クドさのないハチミツ。
33

34
クロテッドクリームはふわっとしつつ、口溶けさらさら。


紅茶 その2。
35
トロピカル オレンジは酸味のないほのかなフルーツ具合で、ハチミツを入れるとさらに美味しかったです。



以上。個性的な見た目よりは、味に驚きは少ないものの、すべて美味しく完食しました。茶葉交換が不可・スコーンがイマイチという点で、”アフタヌーンティーらしさ”を求めると割高かもしれません。しかし、この可愛いスイーツを観賞し味わえるひとときには、大変価値を感じます。

【ザ・ラウンジ by アマン】ブラックアフタヌーンティーの予約はこちら

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

« グランドハイアット東京『フレンチキッチン』朝食ブッフェ 2016年6月 | トップページ | 東京ステーションホテル 宿泊記 パート〔1〕 客室・ホテル館内編 2016年6月 »