« 帝国ホテル東京『インペリアルラウンジアクア』アフタヌーンティー~クリスマス~ 2016年12月 | トップページ | ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町『レヴィータ』紀尾井町アフタヌーンティー 2016年12月 »

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』クリスマス・ディナーブッフェ 2016年12月

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にある『ザ・テラス(THE TERRACE)』のディナーブッフェに行ってきました。今月はマロン・デザートブッフェに続き2度目の訪問です。
01
クリスマス・ディナーブッフェ 2016年12月10日(土)~12月25日(日)
※ 12/17・18、12/23~25は各2時間の2部制、それ以外は時間無制限
11,350円(税・サ込)

同期間に開催のクリスマス・ランチブッフェは6,712円(税・サ込)

ブッフェ台の写真。


前菜コーナー。
02
序盤はかなり空いていたので、いつもよりも細かく撮りました。
前菜コーナーはご覧の通り艶やかなライティングのため、上手く撮影できず、一部だけ。

03

カボチャのムース、ブロッコリーとクスクスのサラダ、シュリンプとアーティチョーク ロメスコソース。
04

チーズ。
05

トマトとモッツァレラのサラダ。
06

カニ(名札無し)。
07

ハム各種。
08

ガーリックトースト、クラッカー、オリーブのマリネ。
09

野菜各種。
10

ドレッシング各種。

11


温菜コーナー。
17

ターキーのロースト。
12

ローストビーフ ハーブ風味、温野菜。
13

14

カリフラワーのピッツァ仕立て。
15

クリスマスキッシュ オニオンとキノコ ベーコン。
16

ポテトスープ。
18

スペイン風エビのスープ。
19

芽キャベツとバタースカッシュ リンゴのメープルとカレー風味、ジャーマンポテト。
20

ミートソース。
21

タラのパプリカとオニオンの地中海風。
22

ポルトガル シーフードライス。
23

サーモンのロースト レモンハーブ。
24

チキンアヒージョ。
25

ラムのシチュー グリーンソース。
26

ポークフィレ肉のメープルマスタードのソース。
27

チキンカレー。

28


デザートコーナー。
29

柑橘系フルーツのスープ。
30

ニューヨークチーズケーキ、カスタードプリン、カマンベールドーム。
31

ラズベリーとホワイトチョコレートのムース、
イチゴとレモンのムース、クレームブリュレ キャラメルスパイス。
32

リンツァー シュニッテン、カシスとマロンのクリーム、チョコレートノエル。
33

みかんゼリー、抹茶のレアチーズタルト、ラズベリーとライチのゼリー。
34

クリスマスショートケーキ、柚子のムース 赤いベリーのソース、ラムレーズンとリンゴのタルト。
35

36

フルーツサラダ。
37

チョコレートフォンデュ。

38

アイスのメニュー。
21

前菜は何品か入れ替わりがあるようでしたが、温菜・デザートは同じものが補充され続けていました。

いわゆる「デザート・アトリエコーナー」はデザートブッフェと共通で、ホテルブッフェ屈指のクオリティです。アイスのメニューも同じだったのでリスト画像は前回のを使い回し。ディナーもクレミア食べ放題!


グラスシャンパン。
39
公式HPオンライン予約特典のグラスシャンパン。
40
普段は電話予約 + SPG会員割引(無料登録可能・15%OFF)がお得ですが、年末年始は割引対象外なので、シャンパン付きのネット予約がお得。
クリスマスディナーはコスパ云々という価格ではありませんが、少しでもお得を探すのが私流。


41


前菜 パート①。
42
カボチャのムース、シュリンプとアーティチョーク ロメスコソース、ブロッコリーとクスクスのサラダ、タコのガリシア風、トマトとモッツァレラのサラダ、ビーツとフェタチーズのサラダ、チョリソーとウズラの卵のタルト、大麦と野菜のサラダ、トマトとアンチョヴィのブルスケッタ。
切っただけ~という品は少なく、調理はシンプルながら華やかで良かったです。
トマトとアンチョヴィのブルスケッタはニンニクの辛さがピリッと効いていました。
タコのガリシア風は たこキムチっぽく、ちょっと意外。
43
チョリソーとウズラの卵のタルトは”クッキー生地のクロックマダム”という印象です。半熟とろ~りでとても好みでした。
44
カボチャのムースは滑らかポタージュを濃くしたやつ。これも私好み。


前菜 パート②。
45
カニ、トマトとモッツァレラのサラダ、ガーリックトースト、オリーブのマリネ、チーズ、スモークサーモンとウイキョウのサラダ オレンジ風味、ハム各種、ブロッコリーとエビのパスタサラダ、サバのコンフィとリンゴのゼリー。
スモークサーモンとウイキョウのサラダ オレンジ風味はフレッシュなオレンジ果肉が爽やかでした。
カニやハムは美味しかったですが、特別上級というわけではなさそう。
46


パン。
47
テーブルサービスのパン。
紫芋を練り込んだしっとり甘味のあるパンでした。熱々の石板に乗っていて、底面がカリカリ。


温菜 パート①。
48
ターキーのロースト、ローストビーフ ハーブ風味、キノコと栗 ソーセージのスタッフィング。
シェフがカットしてくれる目玉料理。
ローストビーフ ハーブ風味は柔らかく、やや牛肉のクセはあるものの、私には心地よかったです。表面の塩気が強く、個人的にはソースよりも黒胡椒オンリーが美味しく感じました。
ターキーのローストは淡白ながらパサつきナシ。こちらもクランベリーソースよりも黒胡椒派。
49

50


温菜 パート②。
51
ジャーマンポテト、タラのパプリカとオニオンの地中海風、ポークフィレ肉のメープルマスタードのソース、チキンアヒージョ、サーモンのロースト レモンハーブ、芽キャベツとバタースカッシュ リンゴのメープルとカレー風味。
作り置きの主菜も、品質が劣化することなく、ハズレが無かったです。
ジャーマンポテトはねっとりホクホク。地味に美味しくお替わりしてしまいました。
52
ポークフィレ肉のメープルマスタードのソースはフィレ肉なので脂は少ないですが、ほのかに赤みを残し、しっとり柔らかな仕上がり。(ソースはかけ忘れてしまいました…。)
53
サーモンのロースト レモンハーブは皮目はパリッとしつつ、身はホイル焼きのようにほっこりジューシー。巨大な切り身から好きなだけ食べられる幸せ!


温菜 パート③。
54
チキンカレー、ラムのシチュー グリーンソース、ミートソース、クリスマスキッシュ オニオンとキノコ ベーコン、カリフラワーのピッツァ仕立て。
チキンカレーは辛さも塩気も強め。
ミートソース(パスタ)は赤ワインが香り、見かけのシンプルさとは裏腹に高級な味わいでした。
カリフラワーのピッツァ仕立ては生地のもっちりとした歯ごたえが◎。デザートブッフェのピザは日によって品質にムラがあり、コンディションが良い日はこれと同じくらい美味しい。(ダメな日はピザパン風になっちゃいます。それはそれで私は好きですが。)
55
クリスマスキッシュ オニオンとキノコ ベーコンはキノコ出汁がジューシーでした。


アイスティー、アイスコーヒー。
56
ドリンクは紅茶・緑茶・コーヒー・カプチーノ・カフェラテがブッフェ料金に含まれています。ホット、アイスどちらも対応とのこと。

さて、ザ・テラスの十八番、デザートのターンです。


57


デザート パート①。
58
みかんゼリー、チョコレートノエル、クリスマスショートケーキ、カマンベールドーム、抹茶のレアチーズタルト、ラムレーズンとリンゴのタルト。
今月はデザートブッフェにも訪れたので、このメニューは2度目です。
この中ではカマンベールドームがイチオシ。チーズのミルキーな味わいと、ふわっと鼻を抜けるお酒の香りがたまりません。
ラムレーズンとリンゴのタルトはたくさん入ったリンゴが甘すぎて、もうちょっと浅炊きのリンゴのほうが好みかなぁと。
59
抹茶のレアチーズタルトはサックサクのタルト土台が美味しすぎると再確認。


デザート パート②。
60
ラズベリーとライチのゼリー、カスタードプリン、ラズベリーとホワイトチョコレートのムース、クレームブリュレ キャラメルスパイス、リンツァー シュニッテン、ニューヨークチーズケーキ。
チョコフォンデュコーナーにあった苺は小粒で味が濃く、ショートケーキの苺よりも美味しく感じました。
クレームブリュレ キャラメルスパイスはオリエンタルな風味と生クリームのまろやかさが相まって癖になります。
61
生地にナッツを練り込んだラズベリーとホワイトチョコレートのムースはホール型ムースの中でもストライク級。また味わえて嬉しかったです。
62
カスタードプリンは高乳脂肪分のとろける舌触りに、上からカスタードソース、下からカラメルソース。この絶品を前回食べなかったことを後悔。


デザート パート③。
63
ソフトクリーム(クレミア)。
ディナーでもクレミアはしっかり頂きます。


デザート パート④。
64
バニラアイス、マロンアイス、ストロベリーヨーグルトシャーベット。
デザートブッフェではアイスまでは手が回らず、久しぶりに頂きました。
シンプル濃厚なバニラアイスが最も好み。
マロンアイスは栗とミルク、どっちつかずな感じ。


ローストビーフ、ターキー。
65
ターキーのロースト、ローストビーフ ハーブ風味、ジャーマンポテト。
再び肉に戻ります。
ターキーとローストビーフに専用ソースはかけず、黒胡椒をパッパッ。


シーフードライス他。
66
チキンとセロリのショーフロワ マスタード風味、サーモンのロースト レモンハーブ、チョリソーとウズラの卵のタルト、ポルトガル シーフードライス。
気に入った品と、リゾット風のポルトガル シーフードライス。パクチーの風味が良く、海老を使った料理の中では最も好みでした。
チキンとセロリのショーフロワ マスタード風味(左上)は入れ替わりで登場。
これ以外にポテトスープスペイン風エビのスープもありましたが、汁物はお腹にたまるので今回はパス。ご飯やパンはいくらでも食べられるクセに、汁物には意外と弱いです。)


デザート パート⑤。
67
クレームブリュレ キャラメルスパイス、カスタードプリン、ラズベリーとライチのゼリー、ラズベリーとホワイトチョコレートのムース、クリスマスショートケーキ、抹茶のレアチーズタルト、カマンベールドーム。
デザート再び。
キウイと苺をたっぷりと盛り付け、クリスマス感を出してみました。
68
デザートの品数はデザートブッフェの半分ほどですが、それでも全種制覇の道は選ばず、結局お気に入りをリピートをしてしまいます。美味しいものは何度食べても飽きない。


デザート パート⑥。
69
ソフトクリーム(クレミア)。
70

71



以上。常時大盛況のデザートブッフェとは異なり、今回は前半ガラガラで徐々に席が埋まっていく、という感じでした。(クリスマス期間で開始時間が早いというのもあるかもしれませんが。)
いつも利用しているデザートブッフェは忙しない雰囲気が否めず、”空いているザ・テラス”というだけでも非常に贅沢に感じました。

料理は高級ホテルブッフェらしく、見た目もお味も満足。ただし去年同時期に訪れたハイアットリージェンシー『CAFFE』の感動は超えられず、こちらはやはりデザート主力という印象です。とはいえデザートブッフェは人気殺到で予約を取ることが難しくなり、また個人的にはあれほど品数無くても良いなぁと思っていたので、ランチやディナーを利用することが増えそうです。
何が言いたいかというと、来年もウェスティンのデザートいっぱい食べたい!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する
 

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ



« 帝国ホテル東京『インペリアルラウンジアクア』アフタヌーンティー~クリスマス~ 2016年12月 | トップページ | ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町『レヴィータ』紀尾井町アフタヌーンティー 2016年12月 »