« ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町『レヴィータ』紀尾井町アフタヌーンティー 2016年12月 | トップページ | ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル『マリンブルー』お正月のアフタヌーンティー 2017年1月 »

ニューオータニ東京『SATSUKI』朝食ブッフェ~新・最強の朝食~ 2016年12月

ホテルニューオータニ東京のロビー階にあるコーヒーショップ『SATSUKI(サツキ)』の朝食ブッフェに行ってきました。
01
朝食ブッフェ
~新・最強の朝食~
 
5,940円(税・サ込) → 一休.comからの予約でスパークリングワイン特典付き(平日は飲み放題)

ブッフェ台の写真。


ジュース、ミルク類。
02

水、野菜ジュース、お酢ドリンクなど。
03

サラダバー。
04

ドレッシング。
05

ペストリーコーナー。
06

『ピエール・エルメ・パリ』より、クロワッサン サティーヌ。
07

パン オ レザン エ カネル。
08

ブリオッシュ オ プラリーヌ。
09

『パティスリーSATSUKI』より、プティ クラシック クイニィアマン。
10

プティ スーパー クロワッサン。
11

スイートブリオッシュ。
12

その他ペストリー色々。
13

14

15

16

コールドミート、オリーブ、ドライトマトなど。
17

オリジナルスモークフィッシュ。
18

チーズ。
19

温菜いろいろ。
20

点心、蒸し野菜。
21

ちまきnew、野菜饅、海老饅頭、上海焼売。
22

チャイニーズヌードル、チキンとナッツの赤酢炒めnew
23

イベリコ豚の骨付きハム、スモークビーフ。
24

25

京風出汁巻き卵new
26

ボイルドエッグ、エッグスラット、スクランブルエッグnew
27

エッグベネディクト フィレンツェ風new
28

玄米卵のオムレツ(エッグステーション)。
29

和食コーナー。
30

タスマニアサーモンの塩麹焼き。
31

鰆の西京焼new
32

ピタヤシャーベット、八丈島ジャージー乳ジェラート。
33

『ピエール・エルメ・パリ』より、ヨーグルト サティーヌ。
34

ヨーグルトバー。
35

36

シリアルバー。
37

半年前と変わっていたメニューにはnewを付けました。
温野菜やスープ、讃岐うどんの実演などもあり、大きな変更点は無いようです。


スパークリングワイン。
38
一休.comの予約特典でスパークリングワイン飲み放題!(平日限定)
グラスが空になる前にどんどん注いで下さり、太っ腹です。


39
都内朝食ブッフェ最高額ですが、スパークリングワインのフリーフローが付くならお得なのでは。


コールドミート、チーズなど。
40
オリジナルスモークフィッシュ、ハム各種、チーズ各種、オリーブ、ドライトマト。
というわけで、おつまみ的な一皿からスタート。
41
オリジナルスモークフィッシュは塩気がやわらかく、もちもち濃厚。
42
ブルーチーズをはじめ、お酒に合うチーズたち。


01


ドリンク類。
43
キャロットジュース、小松菜ジュース、ジャージー牛乳。


『ピエール・エルメ・パリ』のペストリー3種類。
44
クロワッサン サティーヌ、パン オ レザン エ カネル、ブリオッシュ オ プラリーヌ。
この3種はホームページやパンフレットに写真が載っていて、「新・最強の朝食」の看板メニューのように思います。
ブリオッシュ オ プラリーヌはアーモンドプラリネがゴツゴツと練り込まれ、艷やかな表面がほのかに甘く美味。
45
クロワッサン サティーヌはクロワッサンの形をした贅沢スイーツ。
説明文をそのまま載せると「クロワッサンに、チーズケーキ、オレンジとパッションフルーツのコンポートを入れ、ふっくらと焼き上げました」と、字面だけでも惹きつけられます。
46
パンというよりはフルーツタルト感覚。上のオレンジ色の粒がとても酸っぱく、糖衣の甘さとのバランスが絶妙です。


『パティスリーSATSUKI』のペストリー3種類。
47
プティ スーパー クロワッサン、プティ クラシック クイニィアマン、スイートブリオッシュ。
個人的には先程の3種よりもさらにお気に入り。
スイートブリオッシュは表面がサックリと香ばしく、中はしっとり密な卵生地にラムレーズン。前回よりラム酒感が薄く感じたのは、スパークリングワインを飲んでしまったせいでしょうか。どちらにせよ美味。
48
プティ クラシック クイニィアマンはカチカチのキャラメリゼがまず素晴らしい。バターをたっぷり練り込んだ中身も最高です。
49
ギュッと詰まった食感で、カロリーが高そ~~な逸品。=好物。


苺。
50


温菜、ハムなど。
51
エッグスラット、エッグベネディクト フィレンツェ風、スクランブルエッグ、海老饅頭、干し椎茸のチャイニーズヌードル、パレタコシーダイベリカセミデボーン、スモークビーフ。
ジャー入りの卵料理が前回よりも増えていました。
エッグスラット(左)はクリーム状のマッシュポテトと半熟卵、こってりまろやかな組み合わせがたまりません。添え物の揚げパンはガーリック味が付いていて、アイスのトッピングに使えなくなったのは残念。(この料理には凄く合うのですが。)
エッグベネディクト フィレンツェ風(中央)は酸味がほぼなく、カルボナーラのような優しい味わいでした。
52
スクランブルエッグは見ての通りとろとろ。この卵3兄弟が美味しくて、今回はオムレツを頂く余地がありませんでした。
53
スモークビーフ
54
パレタコシーダイベリカセミデボーン(イベリコ豚の骨付きハム)
前回と変わらず、カッティングサービスの肉類は柔らかジューシーでGOOD。


和食。
55
サーモンの赤酢南蛮漬け、タスマニアサーモンの塩麹焼き、鰆の西京焼、季節の煮浸し、京風出汁巻き卵、Jシリアル、ご飯+紀州南高梅、納豆、自家製豆腐、韓国のり。
和食はご飯&味噌汁を除き、全て冷たいのが残念ですが、鰆の西京焼は良いお味でした。
56
ホテルオリジナル品の納豆は粒が大きく、豆らしい歯ごたえあり。前回食べそびれた自家製豆腐も濃厚で美味しかったです。
57
白いご飯に紀州南高梅を乗せて。梅干しは3種類あります。
58
八穀米のJシリアル。密かな大好物。


デザート類。
59
ヨーグルト サティーヌ、ピタヤシャーベット、八丈島ジャージー乳ジェラート、フルーツ、フレンチトースト、パンプディング。
朝からアイスがあるのが嬉しいところです。
紫のはピタヤシャーベット、白いのは八丈島ジャージー乳ジェラート。フルーツをたっぷり添えて。
フレンチトーストはクロワッサン生地のようで期待値が高かったのですが、卵液潜らせただけの”ピカタ風”でガッカリ。パンプディングのほうがぐっしょり染みていて良かったです。
60
ペストリーの次にお目当てだったヨーグルト サティーヌ。滑らかねっちりチーズ質で、お味もレアチーズっぽいです。パッションソースの酸味がいい塩梅。

以下、おかわりのターン。


エッグスラット、肉他。
61
ブロッコリーを散らすも、隠しきれないタンパク質欲。
中央の玄米サラダはニューオータニホテルズのブッフェには大抵あり、お気に入りです。


ペストリー、ジェラート、苺。
62
欲望プレート 甘味ver.。


クイニーアマン、ヨーグルト、ジェラート。
63
さらにデザート。
64
ジェラートにカカオニブをトッピングし、ジャキジャキ食感を楽しみます。
65
メープルシロップを少し加えたジャージー牛乳とともに、濃厚なクイニーアマンをザクザクと。



以上。和洋中ひと通り頂いた前回を踏まえ、今回は食べるものを厳選したので、文字通り「最強の朝食」になりました。メニューが約180種類と非常に多く、”全メニューが最強”というわけにはいきませんが、美味しいものはとても美味しい。
次回も讃岐うどんはスルーし、ペストリーとたんぱく質を堪能したいです。

『SATSUKI』新・最強の朝食の予約はこちらから↓
【平日限定】180種究極の朝食ビュッフェ&スパークリングワイン飲み放題★9,504円→5,940円!

【ニューオータニ東京】朝食付宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

« ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町『レヴィータ』紀尾井町アフタヌーンティー 2016年12月 | トップページ | ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル『マリンブルー』お正月のアフタヌーンティー 2017年1月 »