« シャングリ・ラ ホテル東京 ルームサービスメニュー 2017年2月 | トップページ | シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブフロア宿泊記 パート〔1〕 2017年2月 »

シャングリ・ラ ホテル東京『ピャチェーレ』朝食ブッフェ 2017年2月

シャングリラホテル東京の28階にある『ピャチェーレ(PiaceRe)』の朝食ブッフェへ行ってきました。ついでに、ホライゾンクラブフロアに宿泊。
01
ブレックファースト ブッフェ 4,400円+税・サ = 5,465円(?)
※ 非宿泊者は平日限定・要問合せ

ブッフェ台の写真。


ペストリーコーナー。
02

03

04

05

06

01

07

08

フレンチトースト。
09

チーズ、ジャム。
10

バケット、食パン、米粉パン、ハム、サーモン。
11

生野菜、きのこマリネなど。
12

フルーツ。
13

中華粥、豆腐など。
14

スチーム料理、コーンスープ。
15

ヨーグルト、シリアル、ナッツなど。
16

ダイエットウォーター、瓶入りジュース。
17

ジュース各種。
18

メイン料理はメニューから選びます。
どれにしようか悩んでいたところ、「通常は1品ですが、特別にもう1品いかがですか」と予想外のお言葉が。後から伺ったお話によると、ホライゾンクラブ宿泊者は複数種選べるとのことです。

魅力的なメニューはこちら↓。(クリック拡大)

19

20
あまり鮮明に撮れませんでしたが、公式HPでpdfファイルの綺麗なものが見られます。


メロンジュース。
21
ホライゾンクラブラウンジでも終日頂けるメロンジュース。メロンの”いいところ”だけを使っているとのことで、時期外れにも関わらず甘々。(去年も感じましたが、クラブラウンジよりも『ピャチェーレ』のほうが濃いような。たまたまでしょうか。)


卵ジャー。
22
メニューから「卵ジャー スチームした卵 マッシュポテト 黒トリュフと新玉葱」を選びました。要はエッグスラットの贅沢版。
その場で小鍋の蓋をOPENしてくれますが、その瞬間もっふぁ~~~と立ち込めるトリュフの香り。トリュフってこんな香りだったんだ、と今更感動しました。
23
とろ~り卵に滑らかなマッシュポテト。それ以上にトリュフが主役。


ペストリー パート①。
24
私にとってはオーダー式のメニュー以上に、ペストリーがメイン!
紫芋チップスが刺さったパンは、生地の端もパキパキとした食感で面白いです。
25
フレンチクルーラーのようなふんわりサクッとした歯切れの生地に、ホイップとフルーツをトッピングしたペストリー。
26
カスタードクリームにフレッシュラズベリーを並べた見た目も可愛いデニッシュ。もちろんサクサク。
27
クロワッサンは層1枚1枚が極薄で、ミシミシした噛み心地。濃バターなのに驚きの軽さです。


ペストリー パート②。
28
右下のペストリーはチョコチップ入りマフィンに、サクサクの焼きメレンゲ、金柑スライスのアクセント。
苺デニッシュはミルフィーユのような贅沢感で、シンプルながらとても美味しい。
29
ブッフェ台で最も目を引いたチョココロネ。グサッと刺さった板チョコが素敵です。(バレンタインには色違いver.を出していたとのことで、こちらはホワイトデー版。)
30
中には粘り強く濃厚なチョコクリームが詰まっていました。
31
今回のイチオシは、外見は控えめのこの子。
32
もっちり薄皮ドーナツの中から、とろ~りカスタード。表面はキャラメリゼしてあり、クレームブリュレを更にリッチにしたような逸品。バニラ入りカスタードもさることながら、弾力のあるドーナツ生地が最高に好みです!!


ペストリー パート③。
33
ココットに入っているのは一口サイズのフレンチトースト。新メニューだそうです。あっさり系で、正直これはあまりツボりませんでした。(自家製ジャムなどを合わせれば良かったのかも?)
クロワッサンダマンドはアーモンドの香ばしさがとても強く、パンというよりは”巨大アーモンドクッキー”。
キッシュは”とろとろキノコのフラン”。どのペストリーもこうあって欲しいという私の希望を叶えていて、ひたすら幸せなブッフェ!


温菜。
34
揚げピーナッツ、ちりめんじゃこと葱をトッピングした中華粥。
スチーム料理の野菜、タラ、チキン。
温菜はあっさり目。ベースの出汁がしっかりと効いた中華粥が特に美味しかったです。


冷菜。
35
豆腐、きのこマリネ、サーモン、海老とアボカド。
ペストリーが主力ですが、料理系も質が高いです。
36
もっちり濃厚なディルサーモンにレモンをキュッと絞って。


ジュース、ココナッツヨーグルト、フルーツ。
37
瓶入りのジュースはバナナ、シトラス、ドラゴンフルーツ、ココナッツウォーターを合わせたトロピカルなドリンク。シトラスのさっぱりとした味が強め。
コルクの蓋をしたココナッツヨーグルトは、普通のヨーグルトだと思って食べ始めましたが、かなり”ココナッツミルク”。酸味はほぼありません。


ペストリー パート④。
38
お気に入りのペストリーを再度。

米粉パンや自家製ジャムも気になりましたが、オーダー式のメニューをもう1品食べたかったので、ブッフェ台からはこれでラスト。

メニューを見て和朝食とパンケーキで悩んでいたところ、
「デザートには軽めのパンケーキがオススメです。1枚でも大丈夫ですよ。」と声をかけていただきました。この流れで”和朝食セット”なんて言えるわけがなく、オススメしていただいたパンケーキを1枚頂くことに。


バナナパンケーキ。
39
「バーボンの香り漂うノーブル社製メープルシロップを使ったパンケーキ バナナのキャラメリゼ ラムレーズン」。メープルシロップは目の前でかけてくれます。
アルコールは飛んでいるそうですが、しっかりとバーボンの風味が鼻を抜けます。
40
パンケーキ生地にはラムレーズンが焼き込まれ、こちらも大人のお味。
甘香ばしいバナナのキャラメリゼ、コクのあるクリームが相まって、粉モノというカテゴリーを超越したデラックスな逸品でした。
去年はマンゴーパンケーキ、前日にリコッタパンケーキを頂きましたが、こちらが最も気に入りました。オススメしていただきありがとうございます!
41



以上。一番好きな朝食ブッフェといえばキャピトルホテルの『ORIGAMI』なのですが、こちらは朝食とは別枠な気がします。もはや”朝ごはん”とは言えない新しいジャンルなのでは。よってランク外。華やかで美味しいペストリーを目当てにまた宿泊したいです。

ちなみに非宿泊者の予約受け入れは、直前にならないと空き状況がわからず、利用日から3日前以降に要問合せ、とのことです。(時間制限は聞きそびれましたが、1年前は90分制だったので、そちらも予約の際に確認して下さい。)
価格は4,400円+税サで、おそらく5,465円です。

【シャングリ・ラ ホテル 東京】朝食付宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

« シャングリ・ラ ホテル東京 ルームサービスメニュー 2017年2月 | トップページ | シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブフロア宿泊記 パート〔1〕 2017年2月 »