« 帝国ホテル東京『インペリアルバイキング サール』ディナーブッフェ 2017年3月 | トップページ | 泊まらなくても食べられる!東京の高級ホテル朝食ブッフェまとめ 2017年3月 »

ザ・ペニンシュラ東京『ザ・ロビー』桜アフタヌーンティー 2017年3月

ザ・ペニンシュラ東京の1階にある『ザ・ロビー』のアフタヌーンティーへ行ってきました。
01
ザ・ペニンシュラ “桜” アフタヌーンティー 2017年3月1日(水)~4月2日(日)
6,210円(税サ込) → 一休.comからの予約で4,700円・オリジナルシャンパン特典付

※ ブッフェではありません。


02

03


オリジナルシャンパン。
04

05
一休.comの予約特典。


ドリンクのメニュー。(クリック拡大)
06

ドリンクは飲み変え可能です。
紅茶はポットでの提供で、カップ2杯分の量。


07


バニラコモロ。
08

09

こちらのアフタヌーンティーはオーソドックスな3段ティースタンドスタイル。


10
写真は2人分です。
11

12
トップの綿菓子も食べられます。
13
ペニンシュラだから許される感じのハイセンス!


上段。
14
フロマージュブランと苺ムース、抹茶とラズベリーのショートケーキ、苺タルト、桜マカロン、桜ゼリー。
桜モチーフで構成された上段のスイーツ。
15
桜ゼリーは下にパンナコッタが入っていました。生クリームのコクに、桜のキレのある塩味が心地よく、今回のMVP!
16
抹茶とラズベリーのショートケーキ
17
フロマージュブランと苺ムース。まったりしつつ、苺部分は適度な酸味あり。
18
カリカリのクッキーの中に生苺とカスタードを閉じ込めた苺タルト『Peter』のブッフェにも似たようなものがあったと記憶しています。(ブッフェがなくなってしまったのがとても残念。)
19
濃厚バニラクリームをサンドした桜マカロン。中央にジャムのアクセントも。
20


グリーンティーウィズココナッツ、マスカット。
21
手前がマスカット。果皮の風味もするような、野性味あふれる味わいでした。

中段のスコーンは、ジャム&クロテッドクリームと共に。


22


中段。
23
プレーンスコーン、桜スコーン。
ツヤツヤのスコーン2種類。
表面はサックリと香ばしく、中は空気を含みつつ しっとりなタイプ。
24
桜スコーン
25

26
プレーンスコーン。こちらのほうが好みでした。食感は軽めながらバターがしっかりと香り、シンプル・イズ・ベストな美味しさ。
27
やわらか滑らかなクロテッドクリームの口当たりも良かったです。


ホットシナモンスパイス。
28
「ハーニー&サンズ」のホットシナモンスパイスキャピトルホテルの『ORIGAMI』でも頂けるもの。ストレートでも強い甘みがある中に、シナモンの辛みが立ち、八ツ橋のようなお味。こちらの紅茶は私には濃い目に感じましたが、これに関しては思いっきり濃いほうが嬉しいです。とっても好きな味!


下段。
29
チキンとチーズ 野菜のミックスサンドイッチ、スモークサーモンのオープンサンドイッチ、ポークリエットとビーツ チーズパイ、季節野菜とアボカドディップ。
下段のセイボリーもお花モチーフ。
30
パンやワッフルコーンもピンク色で統一され、キュートですね。
31
ポークリエットとビーツ チーズパイ。こんなに可愛いらしいお花の正体が豚ペーストとは、ペニンシュラならではのハイセンス!

最後にお気に入りのホットシナモンスパイスを再度。

32



以上。ホテルアフタヌーンティーの中では立派なお値段で、一休割引後でも高額な部類に入るものの、クリエイティブかつ上質なティータイムを堪能できました。ピンクのお皿にピンクのフードが華やかに並ぶ中、唯一ピンクじゃないプレーンスコーンの美味しさがひっそりと存在感アリ。
『Peter』のアフタヌーンティーにもいつかはと憧れています。(土日限定で人気も高いようなのでなかなか難しそう…。)

『ザ・ロビー』アフタヌーンティーの予約はこちらから↓
【3月限定】通常9563円→4700円!オリジナルシャンパン付き!ザ・ペニンシュラ桜アフタヌーンティー!

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

« 帝国ホテル東京『インペリアルバイキング サール』ディナーブッフェ 2017年3月 | トップページ | 泊まらなくても食べられる!東京の高級ホテル朝食ブッフェまとめ 2017年3月 »