« ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』ディナーブッフェ(イースターブッフェ) 2017年4月 | トップページ | アンダーズ東京『アンダーズ タヴァン』ブランチブッフェ 2017年4月 »

アマン東京『ザ・レストラン byアマン』アメリカンブレックファースト 2017年4月

アマン東京の33階にある『ザ・レストラン byアマン』のモーニングへ行ってきました。こちらのホテルはブッフェスタイルの朝食はありませんが、アマンの朝食もいつかは、と憧れていたので。
01
アメリカンブレックファースト
5,085円?

一休.comから予約したため、正規の価格なのかはわかりません。

※ ブッフェではありません。


02

03

04

05
天井高8m&富士山ビューという条件だけでも希少価値大。

「アメリカンブレックファースト」の内容はこんな感じです。
 ・ベジタブルショットと、好きなジュース1種
 ・プレーンヨーグルトと季節のフルーツコンポート
 ・フルーツ盛り合わせ
 ・ブレッドバスケット
 ・好きな卵料理1品
 ・コーヒーor紅茶



06
コーヒーor紅茶は最初に選べました。
温かいカフェラテを。


07


08
左の小さなグラスは「ベジタブルショット」。ニンジン×生姜の健康志向な組み合わせですが、甘くて美味しかったです。
選べるジュースはマンゴーをセレクト。
09
どろりと重みがあり、こちらも美味。


10
プレーンヨーグルトの隣には、ブルーベリーのコンポート。
11
とろとろのヨーグルトは 酸味の弱いミルキーなお味。


12
完熟フルーツのみの盛り合わせ。


13
塩、バター、自家製ジャム2種類。バターは無塩のようで、塩はお好みで、というスタイルです。

14
温か~いベーカリーバスケットには、クロワッサン、バナナブレッド、トースト。
15
クロワッサンは表皮がこんがりと焼かれ、手に取ると「ミシッ」といい音。
16
中はふんわり。油っ気は強くないほうですが、焼き加減の勝利という感じ。香ばしくて美味しかったです。
17
甘さ控え目のバナナブレッド。
18
しっとり・ほろりと柔らかい中に、クルミが「キュッ」。
19
シンプルなトーストに、滑らかなジャムと ホイップバター。生クリームに見える白っぽいバターが秀逸!!!
20
甘くない生クリーム、それをさらに濃厚にしたような。添えられている塩は付けず、パンの僅かな塩気&バターだけでも絶品でした!


21
選べる卵料理はエッグベネディクトにしました。他店に比べ、結構なボリューム感。
22
ほうれん草ソテーとベーコン、その下に「茸のラグー」がたっぷりサンドされています。茸ジャムと言うべきか、ねっとりと濃縮された茸の旨味と香り。メインは茸、卵とオランデーズソースはその引き立て役に回っている印象です。
23
ふんわりとクリーミーなオランデーズソースには新鮮なハーブが乗っていて、濃厚な茸と絶妙にマッチ。
24
サイドミートは3品選べ、ポークソーセージ、チキンソーセージ、ポークハムをチョイスしました。(クリスピーベーコン、ブラックペッパーベーコン、カナディアンベーコンを含め6種類あり。3品しか選べないとなると、厚手なものを選んでしまう私。)
ギュッと締まった歯ごたえのポークハムが特に気に入りました。
25
付け合せの温野菜もグリルの焼き目が香ばしく◎。トマトの下にあるハッシュドポテトは 玉ねぎの甘みとガーリックの風味が効いていて、ちょっとしたところにも贅沢を感じます。



以上。一口残らず全てが美味しく、ブッフェ形式でなくても満足感の高い朝ごはんでした。アフタヌーンティーのスコーンは今ひとつでしたが、あれは幻だったのでは?と思うくらいに全部美味しい。空間美も含め、贅沢な朝時間でした。

『ザ・レストラン byアマン』朝食の予約はこちら↓
【アメリカンブレックファースト】オムレツやエッグベネディクト等お好みでチョイス★5,085円

【アマン東京】朝食付宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ

« ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』ディナーブッフェ(イースターブッフェ) 2017年4月 | トップページ | アンダーズ東京『アンダーズ タヴァン』ブランチブッフェ 2017年4月 »