« ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町『OASIS GARDEN』朝食ブッフェ 2017年7月 | トップページ | 泊まらなくても食べられる!東京の高級ホテル朝食ブッフェまとめ 2017年7月 »

丸ノ内ホテル『ポム・ダダン』朝食ブッフェ 2017年7月

東京駅丸の内北口前、丸ノ内ホテルの8階にある『ポム・ダダン (Pomme d’Adam)』の朝食ブッフェへ行ってきました。
01
メインディッシュ1品 + ブッフェボード
2,970円(税・サ込)

ブッフェボードのみ1,954円(税・サ込)

ブッフェ台の写真。



野菜15種。
02

03

小皿入りの冷菜3種。
04

温菜いろいろ。
05

06

07

冷製とうもろこしのスープ。
08

パン4種。
09

ジャム、バター。
10

ドリンクいろいろ。
11

シリアル、ドライフルーツ。
12

ヨーグルト、フルーツ、デザート。
13

14

15

メインディッシュのメニューは公式HPに載っています。銀座の名店『セントル ザ・ベーカリー』の食パンを使った料理が全10種。(HPに載っていないものが2品ありました。)


16


メインディッシュ。
17
フレンチトーストと迷った末、「フライドエッグトースト、スクランブルエッグトーストの2種盛り仕立て」を選びました。
18
正方形のトーストに、2種の半熟卵。
19
トーストはモチッと引きのある食感。クリーミーなスクランブルエッグも美味しかったけれど、目玉焼きver.はもっと好きです!
20
さらっと流れず、いい具合の半熟。
21
そして、付け合せの豚肉の美味しいこと。メニューにはロースハムと書いてありますが、ローストポークのようなジューシーさです。脂身が甘い!


ドリンク。
22
「緑黄ジュース」、「黒酢ドリンク」、「トロピカルフルーツヴィネガー」。
右2つは 強烈な酢っぱさはなく、ジュース感覚で美味しかったです。
緑黄ジュースは微炭酸っぽくシュワッとした口当たり。セロリの風味もあり、こちらはちょっとクセがありました。


01
ブッフェ台のメニューは 大変ヘルシーです。今回はいつもの大食いモードではなく、普通の朝ごはんとして利用しましたが、たくさん食べてもカロリーは抑えられそうな感じ。


冷菜。
23
パリッと新鮮な生野菜と、オシャレな小皿料理。
ドレッシングも自家製のようで、「トマトドレッシング」や「バルサミコドレッシング」など、こちらも健康志向。
24
「胡瓜のピクルス」、「南瓜サラダ」、「ミニトマトのゼリー寄せ」。
トマトは酢漬けかと思ったら、ぷるんっとしたゼリーで固まっていて面白かったです。
25
冷菜で特に気に入ったのは、海藻サラダ×パクチー。歯ごたえのある わかめと、新鮮な香りのパクチーが相まってとても美味しい。


パン、温菜。
26
温菜には いくらかタンパク質が含まれていましたが、やはりあっさりしています。
27
「ポークソーセージ」、「ポークソーセージのトマト煮」。白いほうはムースのようにふわふわ。
28
珍しいところでは「若鳥もも肉とゴーヤのブイヨン煮」(右)。温野菜は全体的にちょっと火が通り過ぎていた印象。
中では、ローズマリー風味のポテトが気に入りました。
29
甘さ控え目のジャム類。フレッシュな柑橘味の「湘南ゴールド」のジャムが特に印象的。


海藻サラダ。
30
海藻サラダをどっさり。


プリン、グラスフルーツ。
31
ちょっとしたデザートもあって嬉しかったです。


フルーツ。
32
フルーツもまずまずの甘さでGOOD。
よく冷えたマスクメロンをジュース代わりに おかわり。
33



以上。全体として手作り感たっぷり、健康的で素敵な朝ごはんでした。メインディッシュのメニューは2週間おきに変わるらしく、気になるものがあればまた食べに行きたいです。(もっとも、週一の大食いDAYにはもっとコッテリとしたブッフェを選びたいですが。プチ贅沢な朝ごはんとして。)

【丸ノ内ホテル】朝食付宿泊プラン&フォトギャラリーはこちら。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ



« ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町『OASIS GARDEN』朝食ブッフェ 2017年7月 | トップページ | 泊まらなくても食べられる!東京の高級ホテル朝食ブッフェまとめ 2017年7月 »