« パレスホテル東京『CROWN』ピアノショコラ付きランチコース 2017年8月 | トップページ | アンダーズ東京『BeBu』ミニバーガー&ミニエクレア付きディナー(フリーフロー) 2017年8月 »

ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』トロピカルフルーツデザートブッフェ 2017年8月

恵比寿ガーデンプレイス内、ウェスティンホテル東京の1階にある『ザ・テラス(THE TERRACE)』のデザートブッフェに行ってきました。
01
トロピカルフルーツデザートブッフェ
2017年8月1日(火)~8月31日(木) 平日限定

4,515円(税・サ込) SPG会員は15%OFF(3,837円)

ブッフェ台の写真。


02

チーズケーキ、ココナッツのクレームブリュレ、カマンベールチーズタルト。
03

オレンジとチョコレートのムース、カラメルとコーヒーのムース、バナナのクリーム。
04

フルーツショートケーキ、なめらかプリン、抹茶のシュークリーム。
05

ラズベリーとライチのゼリー、チョコレートとマスカルポーネのバルケット、パンナコッタ エキゾチックソース。
06

チョコレートブラウニー、パイナップルとマンゴーのゼリー、ペカンナッツとクルミのタルト。
07

08

09

マカロンアナナ。
10

マンゴーとバナナのサゴ、パイナップルとマンゴーのシラバブ、オリエンタルチェー。
11

メロンの杏仁プリン、マンゴープリン、チョコレートのクリームとパッションフルーツのシブースト、杏仁とピーチのフール。
12

タピオカ入りココナッツミルクチャイ、マンゴーとバナナのフラン。
13

バターもち、バルケットココ、バナナケーキ。
14

パッションラッシー、ココナッツとスイカのゼリー。
15

タルトパッション、バナナとパパイヤのショートケーキ、オリエンタルシャンティー、マンゴーのタンバル。
16

17

エキゾチックババ、パイナップルコンポート ライム風味。
18

フルーツ。
19

アイスのメニュー。
20

ドリンクのメニュー。
21


「杏仁とピーチのフール」は途中で品切れしていました。それ以外の欠品は見当たらず、生フルーツの補充が良かったのが意外でした。(いつも後半は”残り物”になってるイメージ。)

頂いた順番は前後しますが、夏限定のテーブルサービス品があったので、そちらから載せます。

22
いつもの焼き立てスフレの代わりだそう。非・食べ放題の品がスフレ以外になったのは、2014年チョコフェアのフォンダンショコラ以来でしょうか。(スフレはここ最近ずっとパスしていますが。)
23
レインドロップケーキ(水信玄餅)
ふるふるの水ゼリーは、口に入れるとスッと”冷水”になり、食べる飲み物(?)。食感が楽しく、黒蜜の濃い甘さを中和しながら さっぱり美味しく頂きました。

以下、ブッフェパート。


デザート パート①。
24
マンゴーのタンバル、パッションラッシー、エキゾチックババ、ラズベリーとライチのゼリー。
マンゴーのタンバルは大きなカットのマンゴー果肉に、ふわふわのココナッツクリームを被せた一品。
パッションラッシーはドリンクにしては重たく、食べるヨーグルトにしてはゆるく。酸味はマイルドで、”朝食にピッタリのフルーツヨーグルト”みたいな印象。
エキゾチックババは酸っぱいシトラスに ジャスミン茶のようなクセが加わり、個人的にはちょっと苦手でした。(ジャスミン茶は好きですが、それよりもオリエンタルの奥地に行ったような風味。)
ラズベリーとライチのゼリーはライチの高貴な香りと ラズベリー果肉の甘酸っぱさが絶妙で、赤いゼリーシリーズの中では一番好きな組み合わせです!


デザート パート②。
25
タピオカ入りココナッツミルクチャイ、オリエンタルシャンティー、メロンの杏仁プリン、杏仁とピーチのフール。
タピオカ入りココナッツミルクチャイは上層のチャイはスッキリ、甘いココナッツミルクとMIXするとちょうどいい塩梅。ムチムチの黒タピオカも美味しい。
オリエンタルシャンティーはアプリコットとピーナッツのトライフル、といった感じ。クリームに挟まれたピーナッツは、”きゅっ”と柔らかな食感で、これが個人的にツボ。(茹でピー?湿気ピー?、どっちにしろ好きです。)
メロンの杏仁プリンは生クリームが贅沢に配合されているような、いわゆる”とろりん”杏仁。
杏仁とピーチのフールは”とろりん”にも”つるりん”にも属さず、新食感の”ふわりん”杏仁。(前回の「フロマージュクリュ」と似ているような口溶け感。) 下層はピーチのみならずラズベリー果肉も入っていて、嬉しい誤算でした。メロンの方も予想以上に果肉が甘くて美味しかったです。


デザート パート③。
26
マンゴープリン、パイナップルとマンゴーのシラバブ、ココナッツとスイカのゼリー、チョコレートのクリームとパッションフルーツのシブースト。
マンゴープリンは下に行くほど甘く、混ぜるも良し、味の変化を楽しむも良し。またも登場の黒タピオカが嬉しい。
パイナップルとマンゴーのシラバブはアルコールを飛ばした白ワインのデザート(?)。クリームは甘酸っぱく・ゆるく、フルーツカクテルのような感覚でした。
ココナッツとスイカのゼリーはシャリッとした食感、スイカらしい風味も感じられたものの、やっぱりスイカは生食が一番かな、という印象。
チョコレートのクリームとパッションフルーツのシブーストは丸い器の中は滑らかチョコ&パイナップル果肉たっぷり。
27
パッションソースの下のシブースト部分も酸味があり、トロピカル×チョコ好きにはたまらない一品。


デザート パート④。
28
抹茶のシュークリーム、バターもち、カマンベールチーズタルト、バナナのクリーム、タルトパッション、チョコレートとマスカルポーネのバルケット、バルケットココ。
中央のバナナのクリームはバナナ&ココナッツミルクのMIXといった感じの ゆるとろクリームに、パッションソースの組み合わせ。
バターもちは甘さは遠くの方にいますが、”すあま”っぽくて素朴で美味しい。
29
抹茶のシュークリームは柔らかめのシュー皮に、ほろ苦さとミルキーさが共存する 粘~~るクリームたっぷり。シュー皮は『ウェスティンデリ』に比べ簡易的な印象はあるものの、中身は遜色ないのでは。(抹茶ver.は頂いたことがありませんが、これだけ美味しいのだから多分。)
カマンベールチーズタルトはタルト底に黒胡椒のアクセント。「カマンベールドーム」ほどの白カビっぽさは感じず、言われなければ「カスタードチーズパイ」の胡椒入りver.かな、と思うくらいクセは無かったです。(気持ち、粘度は高いような。) チーズタルトシリーズは期待を裏切ることがなく、今回もMVP獲得です。半熟とろとろ最高!
30
右のバルケットココは先日クラブラウンジで頂いたタルトと同じものでしょうか。パイナップルとレーズンを焼き込んだ生地に、ココナッツのシャリッ。周りの薄パイが香ばしくてGOOD!
チョコレートとマスカルポーネのバルケットは乳脂肪のマイルドさはありつつも 糖分は少なく、意外にもビターな味わいでした。(この色のチョコクリームは甘々なイメージがあります。)
31
下層のコーヒーケーキに カカオニブの苦味も加わり、大人のタルト。
32
タルトパッションはシブーストよりも甘味・酸味のコントラストがさらに強く、チョコとパッションが相乗効果で美味しいやつ。
33
チョコレート製のクマさんが可愛い嬉しい楽しい、そして残酷だがパキッと美味しい。


デザート パート⑤。
34
フルーツショートケーキ、カラメルとコーヒーのムース、オレンジとチョコレートのムース、マカロンアナナ、ペカンナッツとクルミのタルト、チーズケーキ。
オレンジとチョコレートのムースは底の生地にナッツ片が焼き込まれ、食感が良かったです。
35
ペカンナッツとクルミのタルトは香ばしさの塊。ナッツはカリッとよく乾いていて、タルトの底もサクサク。レーズンが入っていますが酒っぽさはなく、ナッツ好きのためのタルトです。
奥のマカロンアナナは去年もあったフレジェのパイナップル版のようなケーキ。
36
ビスキュイ生地はココナッツの南国な風味があり、甘酸っぱいパイナップル&こってり濃厚クリームと相まってとても美味しい。オーソドックスな苺ピスタチオver.以上に好きです。


軽食。
37
鶏のから揚げ、昔ながらのナポリタン、フライドポテト、夏野菜のカレーキッシュ、ホットサンドイッチ。
軽食は7月から特に変化がないようでした。
昔ながらのナポリタンにフライドガーリックをトッピングするのがオススメ。


デザート パート⑥。
38
ラズベリーとライチのゼリー、パンナコッタ エキゾチックソース、タルトパッション、オリエンタルシャンティー、マカロンアナナ、カマンベールチーズタルト、ペカンナッツとクルミのタルト。
未食のパンナコッタ エキゾチックソースと お気に入りの品々を、ジャングル風に盛り付けてみました。パンナコッタは比較的 酸味は穏やかで、濃厚ミルキーな味わいが主張していました。
フルーツに隠れているけれど、MVPのカマンベールチーズタルトは2つリピート。
39

40


デザート パート⑦。
41
抹茶のシュークリーム、チョコレートとマスカルポーネのバルケット、カマンベールチーズタルト。
アトリエコーナーがなかなか魅力的だったので、今回はクレミアは諦め、お気に入りを再々度。
42



以上。いつもよりも生フルーツの質が高いように感じたのは、フルーツがテーマのフェアだからでしょうか。正直言ってこちらのデザートは、クリームやプリンは美味しいけれど、トッピングのフルーツは今ひとつ?と感じることがたまにあるのですが(主にマンゴー)、今回はデザートに使われているフルーツがどれも美味しく、またブッフェ台にそのまま置かれている生フルーツ盛り合せもグレードアップしているように思いました。
チーズケーキやシュークリームといったオーソドック品が美味しすぎる故、最後の一皿こそ トロピカらず、でしたが、大変満足のトロピカルフルーツフェアでした。

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する
 

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ



« パレスホテル東京『CROWN』ピアノショコラ付きランチコース 2017年8月 | トップページ | アンダーズ東京『BeBu』ミニバーガー&ミニエクレア付きディナー(フリーフロー) 2017年8月 »