※当ブログは引っ越しました。

 https://haujie.com/

2018年1月17日以降の記事は、上記のアドレスにて。

« グランドハイアット東京 クラブフロア宿泊記 パート〔4〕 2017年11月 | トップページ | ザ・キャピトルホテル東急『ORIGAMI』ディナープリフィックスコース 2017年11月 »

ホテル椿山荘東京『みゆき』オーダーブッフェ「味めぐり30選」~冬の味覚~ 2017年11月

ホテル椿山荘東京の2階、日本料理『みゆき』のオーダーブッフェへ行ってきました。
01
オーダーブッフェ「味めぐり30選」 ディナータイム
11,000円(税・サ込) → 一休.comからの予約で9,800円

食べ放題のメニュー。
と、その前に、クリスマスな椿山荘。



02
17時にはすでに陽が落ち、遠くからでも椿山荘が輝いて見えます。
ロビーには小さな遊園地が。

03

04

05

06

07

08

09

以下、食べ放題編。


10
メニューの表紙には「秋の味覚」とありますが、恐らく誤植で、今回は「冬の味覚」でしょう。
雪うさぎのイラストが可愛い。

11
12
今回のメニューは2017年11月15日~12月22日のもの。
鰹の一番出汁と 先付け一品を頂いた後に、「好きな順番で 好きなだけ」、となります。


鰹の一番出汁
13


先付け
14
この日の先付けは、松茸の乗った「柚子豆腐」。
15
揚げ出し豆腐のように見えましたが、生麩のようなモッチリ食感でした。

それでは、Let's味めぐり!


「冬のおすすめ」
16
今回のメニューは甘酒っぽいものが多く、好みでした。


フォアグラと蕪
17
カブの間のフォアグラパテは、酒粕が入っているような風味。
バルサミコソースの甘酸っぱさが効き、和洋折衷な味わいでした。


蟹氷柱(かにつらら)
18
蟹の身の周りは 蟹汁ジュレ(?)
つるんっと冷たく、塩味もいい具合で美味しい。


鮭檸檬〆
19
キレのあるサーモンタルタル、なイメージ。
レモンがきゅんっ、わさびがツンッ。


柿白和え
20
白いソースは、豆腐ではなく、甘酒&チーズのように感じました。
前回ハマった「帆立と胡桃とチーズの白和え」に通ずる”甘い前菜”で私好み。


鉄板焼
01
黒毛和牛モモ肉、手羽先、ラム肉、殻付き海老、本日の東京野菜。
本日の東京野菜は 椎茸とカボチャ。肉パラダイスなプレートの中でも、ジューシーな椎茸が負けじと存在感を発揮していました。(肉の下敷きで姿は見えませんが。)
手羽先は 焼き上げた、というよりは、柔らかく蒸し上げたような感じ。鉄板焼のイメージとは異なりますが、ぷるんっとコラーゲン質(?)な食感で、何度もおかわりしたくなる美味しさ。
22
黒毛和牛モモ肉は 弾力がありながらも、きめ細やかでサクッと噛み切れ、旨味をたっぷり堪能できます。ブッフェ界でも最上級の味わい!
23
殻付き海老は 殻に切れ目が入っており、食べやすかったです。ぷりっと甘旨~。
24


寿司
25
鮪中トロ、寒鰤、本日の一推し、帆立貝、おすすめ白身魚、赤身漬け鮪。
おすすめ白身魚は もっちり厚手な金目鯛。
本日の一推しは サーモン。こちらは ベストといえる脂の乗りではなかったものの、好物なので嬉しい。
帆立貝は 肉厚で甘みが濃く、季節替わりのネタの中では特に印象的でした。


ホテル椿山荘名物 米茄子の鴫炊き
26
出汁が じゅわぁ~んと染みる、名物の 揚げ浸し茄子。
たぬきうどん感がある、と言ったらチープな表現ですが、ホッと幸せな美味しさ。


河豚ちり鍋
27
今回の”鍋キット枠”はこちら。
薄い昆布出汁でサッと煮、なシンプルな河豚鍋です。
28
大げさな割には可食部少なめ(笑)
身がダイレクトに味わえて良かったです。


鰤大根
29
ブリは真四角の綺麗な切り身で、食べやすくはあるものの、個人的にはもっとアラ煮っぽい方が好みです。
大根もちょっと味が濃すぎた印象。


西京味噌とチーズの玉地蒸し
30
料理名からの期待を裏切らず、”らしいクセ”があって、こちらは非常に好み!
31
酒粕が ふわぁぁぁ~っと漂う、茶碗蒸し(?)
百合根のホクホクした舌触りもマッチし、美味しかったです。(蒸し時間が結構かかるらしく、おかわりは諦めました。早めのオーダーがオススメ!)


海老と蟹の天麩羅鱈白子天麩羅
32
身がほわっと膨らんだ白子が 中でも特に美味しい。


鮟鱇唐揚げ
33
しっかりした塩味で、あまりアンコウらしさはわからず。


本日の焼魚
34
この日は、鱗を逆立てて焼いた「甘鯛の松皮焼き」。
説明では 正直あまり美味しそうに思えませんでしたが、ガリッとクリスピーで、これがいい塩梅。


本日のおすすめご飯
35
この日は「ひじきご飯」。
ひじき煮ではなく、ひじき&カリカリ梅のMIXのような、ふりかけ的な混ぜご飯。
おにぎりにして夜食に食べたい系。


鮭茶漬け
36
可愛らしい椀で登場。
食べたい候補としては下位でしたが、今回の大大大ヒット。これは朝昼晩食べたい系!
37
まず鮭おにぎりの時点で絶品です。よくある鮭フレークのおにぎりではない。大きな焼き鮭を ザックリと ほぐした感じのやつ!
38
香ばしいアラレがぱらぱら、その上から熱々の出汁がさらりとかけられ、その全ての融合がたまらなく美味しかったです。たとえ食欲がなかったとしても、これなら絶対食べられる!(食欲を失った経験はありませんが。)


寿司鉄板焼
39
デザート前に、お気に入りを再度。
40
鮪中トロは 常時メニューですが、今回は特に脂が乗っており、大当たり。
41


甘味
42
デザートは3品と少なめながら、どれも秀逸です。
苺シャーベットは 甘ったるくない、”苺ピューレ”なスッキリかつ濃厚な味わい。
甘酒アイスは こちらの和アイスの中でもイチオシ!甘酒とクリームの幸せ配合。
43
大学芋は カリッと、半・芋けんぴ。
44
アイスは提供したては固めですが、ちょっと置いておくとシルキーな食感になって より美味しいです。

以下、おかわりタイム!
今回の未食メニューは、肉うどん味噌汁香の物


45
寿司(鮪中トロ・サーモン)、鮭茶漬け、柿白和え、鮭檸檬〆、甘酒アイス。
鮭、鮭、鮭、酒。
このターンの中トロは やや赤身寄りのものでしたが、次のターンに頂いたものは大トロ級でした!

46
大トロ級…、というか大トロでしょう。いやぁ~幸せ。


47


48
甘味全種×2で終わらず、〆に茶漬け。

49

50



以上。今回も素晴らしい内容でした。古くからの日本料理の中、目新しい料理も何品かあり、メニューの変更ごとに訪れる楽しみがあります。
2017年は恐らく今回で最後になりますが、来年以降もリピートしたいブッフェです。

ホテル椿山荘東京『みゆき』オーダーブッフェの予約はこちらから↓
【一番人気!】好きなものを好きなだけオーダーブッフェ~味めぐり~★11,000円 →9,800円

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ
拍手する

スポンサーリンク
おすすめトピック

|

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ



« グランドハイアット東京 クラブフロア宿泊記 パート〔4〕 2017年11月 | トップページ | ザ・キャピトルホテル東急『ORIGAMI』ディナープリフィックスコース 2017年11月 »